知ってた?膝の痛みの原因は〇〇に!?

こんにちは!神奈川県元住吉の整体院【HARIBODY CURE SPACE】の院長、大上 剛史(だいじょう つよし)です。本日も当院のブログをご覧いただき有り難うございます。本日のテーマは、「膝の痛みの原因は〇〇に!?」というお話をしていきたいと思います。さて、皆さんは〇〇に当てはまる言葉は何だと思いますか?正解は反り腰です。え!?反り腰で膝の痛み・・・と思う方も多くおられると思いますので詳しく本文でお伝えしていきます。

まずはじめに膝の痛みで普段どのようなことで悩まれていますか?

・歩くと膝がズキッと痛むので外出するのが嫌だ

・このまま痛みが続くと将来歩けなくなりそう

・正座ができないので困っている

・膝の痛みで足がガクガクする

1つでも当てはまるなら本日お伝えすることを実践していくと、症状を改善できるかもしれないので最後まで読み進めてください。

膝が痛む方に多い姿勢

「悪い姿勢 骨格」の画像検索結果

姿勢には色々な種類があります。その中でも特に膝に負担がかかるのが反り腰です。反り腰とは、骨盤が前に大きく倒れることにより腰からお尻までが大きくカーブを描き反っている状態を言います。反り腰の評価方法としては、壁に背中をつけた状態で壁と腰の間に手を入れると壁と腰の間に手がすっぽりと入るかということを検査します。この反り腰が普段から続くと腰痛にもなりますし今日お伝えする膝の痛みを引き起こします。反り腰だといわゆる前傾姿勢のような体より前に重心がかかる姿勢になりますので体が前方に行き過ぎるのを制限するために、膝の周りの筋肉を常に使わなければなりません。その状態が長く続くと膝の負担が限界を迎え、痛みや違和感となり体が不調を感じるようになります。初めのうちは不調にも波がありますが徐々に痛みの頻度も上がってきたりし病院へ行き診察するようになります。ですがここで良くなればいいのですが、レントゲンやMRIを撮っても何も問題がないと言われ湿布や痛み止めを貰い様子をみるようになってしまうのが多くある現状です。反り腰で悩まれる状態を例に挙げると、皆さんは外国に行った際に膝を痛めている方をよく見ることはありませんか?なぜ外国の方は膝を痛める方が多いかというと、反り腰でさらにお尻が大きい方が多いですよね。先程お伝えした反り腰だと膝の周りに負担がかかるということから外国の方がなぜ膝の痛みが多いのかが理解できます。では、日本の方で反り腰になる原因として何があるのかをお伝えしていきます。特に多い原因の1つとしては、産後の反り腰です。赤ちゃんを産むと骨盤が開き歪むと一般的に言われています。確かに歪みは起こりますが、実は反り腰に繋がる要因は別にあります。それは、お子さんを抱っこする姿勢にあります。抱っこした際にお子さんを骨盤や腰の少し上の辺りに乗せて体重を受けていないでしょうか?お子さんの体重を支えることで自分の重心より前に体重が移動してしまい、その結果、反り腰を引き起こしてしまい先で膝の負担が限界を迎え痛みとして出現しています。次のお話ではお子さんを抱っこやおんぶしても反り腰にならないための予防の仕方をお伝えします。

反り腰の予防で膝の痛みとおさらばするには

以前当院のYoutubeからお伝えしていました運動の動画ですが、反り腰の改善にも使えるので試してみてください。腹筋や筋トレをガンガンに行っても反り腰を改善していくことには繋がりません。この動画で行っている動きはお腹の腹直筋(ふくちょくきん)腹横筋(ふくおうきん)腹斜筋(ふくしゃきん)などのお腹の筋肉を運動し股関節も曲げ伸ばしすることで骨盤の調整が可能になります。

【運動の解説】

⑴上向きに寝た状態で膝を曲げスタートしやすい態勢になります。

※この時、手はお腹の前か体の横で楽な姿勢で構わないです。

⑵膝を伸ばし数字で1〜10を描くように足を動かしていきますが、数字1つ1つ描く度に足を地面に着けずに連続して行っていきます。

※この時に膝を曲げず肩幅の大きさの数字を描くように行っていきます。

⑶1〜10の数字を描いていきますが、もし6まではスムーズにできたが7は頑張りながら行ってしまう際は7まで行わず6で1度中止します。

※自分が無理なくできる数字を毎日1セット繰り返して行くことで骨盤や骨盤周りの筋肉をしっかり使えるようになり反り腰も改善して行くことが可能です。

まとめ

「女性 笑顔」の画像検索結果

反り腰の状態が続くと前傾姿勢のような体の軸より前方に体重が移動し、その結果として膝に負担がかかり、膝の痛みを引き起こします。膝の痛みは注射や痛み止めを使うと対処はできると思いますが時間が経つと痛みが出現します。痛み止めを定期的に飲み服用している方はそれで安心しないようにしないといけません。

今回のまとめとして、反り腰は腰やお尻をマッサージしてもなかなか改善しない症状なので腹筋や骨盤を正しく使える運動を行い根本の改善を目指して行くことが必要です。

追伸

当院には膝の痛みを抱え悩まれている方が多く来院されます。

その悩みを抱えた方々は医療機関を受診したのにも関わらず期待するような改善が得られないまま悩まれているのが現状です。当院では、この状況をどうにかしたいと思い技術・知識を磨き続けました。現在、ありがたいことに当院に来院されている患者様の喜びの声を多数頂いています。当院のブログを見てこれをきっかけに当院に1度来院してみて下さい。1人で悩まないで大丈夫です。当院で痛みのない生活で人生を変えましょう!

是非1度当院のホームページを覗いてみて下さい。

下のリンクからご覧になれます

 

川崎市元住吉で膝痛治療で圧倒的な改善を求めるなら