膝の痛みがある場合に診なければならないポイント

こんにちは!神奈川県元住吉徒歩1分にある整体院【HARIBODY CURE SPACE】の院長の大上 剛史(だいじょう つよし)です。本日、私のブログを読んでいただき有難うございます。本日のテーマは「膝の痛みがある場合に診なければならないポイント」についてお伝えしていこうと思います。

以下の症状でお困りではないでしょうか?

・歩く際に片足に体重がかかると膝の周りがズキッと痛む

・正座をしようとしゃがむと膝の裏が痛む

・膝も痛いが膝から股関節の付け根まで太ももの前が痛む

・子供と出かけたいが膝が痛いので遠くまで行けれない

・病院に行ったが何も問題がないと言われた

1つでも当てはまる方は今ある膝の痛みを改善する為のお力になれるかもしれません!ぜひ続けて読み進めてください。

そもそも膝関節とは

「膝 何関節?」の画像検索結果「蝶番関節」の画像検索結果

膝の痛みのことについてお伝えしていきますが、その前に少しばかり膝関節について知っておくとイメージしやすいのでお伝えしておきます。膝関節(ひざかんせつ)とは、大腿骨(だいたいこつ)脛骨(けいこつ)膝蓋骨(しつがいこつ)から構成される関節になります。機能は、1軸性の関節構造になるので普段の日常生活で膝を曲げ伸ばしする方向のみの運動の軸になります。例に挙げると、内股の女性は膝が内に入る傾向があるので1軸性の動きにプラスで2軸性の動きになってしまうので、膝に負担がかかり痛めやすくなります。他にも、走ることの多いランナーの方が膝が内に入るフォームの癖があると膝を痛めたりシンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)という脛(すね)の痛みになることがあります。

一般に多く行われている膝の痛みの治療

もし今、膝に痛みがあり治療をしていた、もしくは治療中の方は以下にある画像の治療を行ったことがあるかチェックして診てください。

「膝の痛み 注射」の画像検索結果 「膝の痛み 痛み止め」の画像検索結果 「膝 マッサージ」の画像検索結果 「膝 湿布」の画像検索結果

当院に来院される方の中で多く言われるのが

「レントゲンやMRIを撮っても何も異常がないと言われた」

「注射やマッサージ、痛み止め、湿布をしたが期待していた程の改善が得られなかった」

「どこ治療院に行ってもやることは同じことばかり」

と、こんなことを多くお伺いします。膝に痛みが出ているが膝に何も問題がないとなると、膝に痛みを出している原因が膝以外にあるということですよね。それなのに膝ばかり治療しても改善するはずがありません。痛みがあるときに直ぐに適切な治し方で治療を行っていれば早期に改善するのですが、病院などで注射をし湿布や痛み止めを使い安静にして様子をみるよう言われ、注射も何回か定期的に繰り返し行い症状が改善しないので痛みを我慢しながら生活するようになったり、他の治療院に行ったがそこでも改善しないまま痛みを引きづり気付いたら数年経ってしまったなどという方が多く当院に来院されます。ここで覚えておいて頂きたいのは、安静=治療ではないということです。

なぜ痛めるのか?

「理由」の画像検索結果

個人個人で痛める原因は異なりますが、その中でも共通として多い痛める原因についてお伝えしていきます。1番多く考えられるのは「体が歪んだまま膝を使い過ぎていること」です。そもそも人は体に不調がないと歪んでいるなどということは気付きません。そして、自分では気付かないうちに歪みが蓄積しやがて体に歪みの限界がきた結果として急性であればギックリ腰、慢性であれば今回お伝えしている数ヶ月〜数十年の膝の痛み、他には腰痛・肩こりとして体がこれ以上負担がかかるのは耐えれないというサインとして痛みを起こしています。単純な話ですが、歪みが少ない体であれば正しく体を使うことができるので膝にも痛みは出現しません。ですが、1つ気を付けて頂きたいこととしては、正しく体を使えていたとしても使い過ぎを繰り返せば筋肉の疲労・張り・筋肉痛という形で体に蓄積しますので、それも積み重なれば歪みになります。当院ではお体に痛みや歪みがない状態でこそ、ケアをして良い状態を保ち予防することをオススメしています。僕の知り合いの先生の言葉で「予防に勝る薬なし!」という言葉があり、その言葉を聞いたときはとても納得しました。当院で治療を受けて行った方々は症状が改善しても定期的にメンテナンスに来院されているので、お体の良い状態を維持できていますし自分で治せるやり方も教えているので当院で1度治ってしまうとほとんどの方が痛みの再発をしません。そして、なぜ痛めてしまうのかということを理解しておくと、いざという時に落ち着いて対応できます。

膝に原因がない方の診ていくポイントの中の1つの例


当院で改善した例の中の1つをお伝えしていきます。その方は、56歳女性で膝の内側が痛く治療を色々なとこで行ったが改善しないということで来院されました。膝を確認してみましたが腫れも変形もなく膝自体には問題がないと思い足元から評価していった結果、膝の高さが大きく違うということと骨盤の捻れ・歪みが大きかったので骨盤の調整から膝の高さを整えていったところ大きく痛みが改善しました。その方は骨盤の歪みから体が正しく使えてなかったので膝に負担がかかっていたのだと思います。骨盤からみる膝の痛みの改善の仕方をYoutubeの動画にてまとめてありますのでご覧になってみて下さい。

まとめ

関連画像

膝の痛みは痛み止めや注射を行うことで一時的に痛みの緩和はできますが、薬の効果がなくなると再度痛みが出現します。もちろんどうしようもなく痛みが強い際は今ある現状の痛みを一時的にも解決するために薬に頼ることは悪くはありませんが、根本となる歪みの改善が行われないと薬・注射の繰り返しになり回数を重ねるごとに薬の量も増えていってしまいます。なぜ膝に痛みが出たのか?どうすれば改善していくのか?を考え膝の痛みと向き合っていくことが前進することだと思います。今回1番お伝えしたいのは、膝に問題がないから原因が分からず今の膝の痛みが改善しないということではないということを覚えていて下さい。

追伸

HARIBODY CURE SPACEには膝の痛みにお悩みを抱えた方が多く来院されています。その中の多くの方お悩みが「この痛みと一生付き合わなければならないのか」と悩まれている方が沢山おられます。この状況をなんとかしたいという強い思いで私は技術・知識を磨き続けました。現在、当院に来院される患者様から嬉しい喜びの言葉を多く頂いております。今回の当院のブログを見て少しでも当院に希望が持てたのなら、これをきっかけに1人で悩まず1度当院にいらして下さい。痛みのない生活で人生を変えていきましょう!

是非1度当院のホームページを見てみて下さい!

下のリンクからご覧になれます

川崎市元住吉で膝痛治療で圧倒的な改善を求めるなら